タトゥーを消す手段|切除ではなくレーザーを使う

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリニックの利用

美容整形

美容皮膚科を利用するときには、施術を受ける側もしっかりとした知識を把握しておくことが大切です。これがクリニック選びの際に役に立ちます。医師の経歴や料金体系、このほかにはカウンセリングの内容も確認しておきます。

Read

にきびで悩んでいるなら

女性

大阪でにきび治療をするのであれば、インターネット上にある口コミや、病院のホームページを確認するようにしましょう。自分にとって有利な情報も多数掲載されていますから、多くの情報を入手して病院を決めましょう。

Read

肌のトラブルの対策

笑顔の女性

人によってしみがあることはとても大きな悩みです。大阪ではたくさんの場所でしみ治療することができます。美しくありたい、悩みを少しでも軽くしたいと思うのは大事なことです。自分に合った施術法を専門のスタッフと相談してしみ治療を行うことも必要です。

Read

傷を残さず刺青を消す

刺青

メスを使わずに除去する

近年、美容外科などのクリニックではタトゥーに関する相談の数が増加していると言われています。タトゥーは今や若い人を中心にファッションの一部として受け入れられつつあります。ただ、言うまでもないことですがタトゥーは服を着替えたりメイクを落としたりするのとは違い、いったん入れてしまうと簡単に消すことができません。心境の変化や就職・結婚など環境の変化によってタトゥーのない身体を取り戻したくなった場合は、医師の助力を必要としなければならなくなります。かつてのタトゥー除去法と言えば、皮膚を切除したり削り取ったりする外科治療が主流でした。しかし最近ではこれらの方法と並んで、医療用レーザーを使った治療が広く行われるようになっています。

適応範囲には限りがある

レーザーには特定のターゲットのみに対して集中的にエネルギーを与えるという特徴があります。この原理に基づいてレーザーを肌に照射すると、色素の入っている皮膚細胞にだけ強い熱刺激が加わります。するとその部分だけが軽いやけど状態になり、通常のやけどが治る時と同様にかさぶたの下からフレッシュな細胞が生まれ、タトゥーを目立たなくするのです。レーザーによる除去法はすべてのタトゥーを消せるわけではありません。一般に、カラフルなタトゥーや肌の深いところにまでインクが達してしまっている場合には必ずしも効果が十分でないことがあります。しかし何度か施術を繰り返せば、かつてそこにタトゥーがあったことが分からなくなる程度の状態にすることはできますし、何より外科手術のように大きな傷跡を残すことがないという利点があります。